給湯器と台所の水回りをリフォームしました

わたしの家が古いせいかお風呂と台所に繋がっている給湯器が突然壊れてしまいました、お湯を出そうといつもの様に蛇口をひねっても水しか出て来ません。
そこで直ぐにガス会社の電話をして点検して貰うと寿命だと言われました、そこで取り換えに幾ら掛るか聞いてみた所30万円と言われましたので丁寧にお断りをしてリフォーム会社に来て貰いました、結構交換していない水回りが多かったので、あっちもこっちも交換になると結構な費用です。
それでもガス会社が言っていた30万円には遠く全部で20万円でした、このリフォーム会社はご近所さんも良く利用していて安いわりに仕事は丁寧と評判が良かったのです。
家族は3人ですので以前使っていた給湯器のサイズを小さめにしました、ガス料金がかなり変わるのでお得ですよと言われましたので助かります、それと台所の蛇口も以前から水がちょろちょろ垂れていましたのでそこも交換です、最新のシャバラが付いた物で手で持ってシャワー変わりにもなりそうです。
この20万円の費用はローンですが金利は一切掛らないんです、どうしてなのかは分かりませんが凄く助かりました。

二日がかりでシンク下の工事。

大阪で水道修理,水漏れやトイレ・排水つまりなら緊急出張のマルチ救急24大阪へお任せ – 大阪 水道修理、トイレ・排水つまりなら水道修理専門のマルチ救急24へ
賃貸マンションに住んでいた時に、キッチンから何か異臭がすると思ってあちこち調べていると、シンクの下の水道管が通っているところの木の板が朽ちていました。その部屋には住み始めて、5~6年経っていたのですが、入居した時にシンク下を入念に見ていなかったのでいつからこうなっていたのかは分かりません。すごい匂いだったのですが、キッチンだったために生ごみの匂いだと思い込んでいました。管理している不動産に連絡しみると、翌日修理業者がやってきて、数枚修理個所の写真を撮って、翌日必要な部品を持ってもう一度来ます、という感じでした。翌日の工事自体は1時間もかからないくらいだったと思います。シンク下の板を全部剥すのかと思いきや、朽ちて穴が開いたところだけを新しい板で補強してありました。板を総とっかえするとなると、シンクを全部替えた方が早いのかもしれません。この工事を見て思ったのは、シンク下は非常に熱も湿気もこもりやすいから、食品や重い物は入れるな、ということです。

水周り工事での見積もりと注意点

水周りの工事は、専門業者にお任せをする事になります。自力でそれを行うとなると、かなり大変なものだからです。
ところで業者にお任せをするとなると、各業者の比較をしたいと思う場合があります。業者によって、工事のクオリティや料金に差がある場合が多いからです。そのために、相見積もりによって比較をする方法があります。
そもそも工事の流れなのですが、まずは専門業者に見積もりの連絡をします。すると専門業者の担当者が現場を目視確認して、依頼主に「何円位で工事ができるか」を提示してくれます。
ここまでの費用は、基本的には無料です。ですので複数の水周りの業者から見積もりを取れば、料金比較も無料で行える訳です。
ただ注意するべきなのは、出張交通費です。業者によっては、見積もり訪問の為の出張交通費がかかってしまう場合もあります。数千円程度の交通費がかかる場合もありますので、見積もり依頼時には必ず交通費を確認しておく方が良いでしょう。